書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 大都市のひとり暮らし高齢者と社会的孤立
著者 河合克義
判型 A5判
頁数 360頁
発行年月 2009年10月
定価 本体5,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03188-4
ジャンル 社会保障・社会福祉
本の説明 東京港区と横浜鶴見区での大規模かつ精緻な調査をもとに、ひとり暮らし高齢者の生活実態と孤立状況をあぶりだす。特に親族・地域ネットワークに焦点をあて、その質と量を分析。「全市区町村別ひとり暮らし高齢者出現率」など興味深い資料付き。

    
目次 まえがき

序 章 ひとり暮らし高齢者の地域的偏在

第1章 海外における高齢者の孤立問題研究
  1 海外における基礎的研究
  2 海外における取り組み事例と最近の調査
    研究

第2章 日本における高齢者の孤立問題研究
  1 日本における主な研究
  2 餓死,孤独死の続発と孤立問題研究の動
    向

第3章 ひとり暮らし高齢者の社会的孤立問題研
    究の視点
  1 その研究の視点
  2 使用するデータ

第4章 ひとり暮らし高齢者の生活の基本的特徴
  1 港区のひとり暮らし高齢者
  2 鶴見区のひとり暮らし高齢者
  3 要 約

第5章 ひとり暮らし高齢者の親族・地域ネットワーク
    と孤立問題
  1 港区のひとり暮らし高齢者とネットワーク
  2 鶴見区のひとり暮らし高齢者とネットワーク
  3 要 約

第6章 港区ひとり暮らし高齢者の具体的生活
  1 港区の訪問面接調査の事例
  2 3階層別にみたひとり暮らし高齢者の具
    体的生活

第7章 鶴見区ひとり暮らし高齢者の具体的生活
  1 前期高齢者の訪問面接調査の事例
  2 後期高齢者の訪問面接調査の事例
  3 3階層的にみたひとり暮らし高齢者の具
    体的生活

終 章 大都市のひとり暮らし高齢者と社会的孤
    立
  1 孤立状態にあるひとり暮らし高齢者の量
  2 ひとり暮らし高齢者の孤立の質
  3 政策と住民福祉活動への提言

あとがき

参考文献

付 表
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索