書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 失われた政治
副題 政局、政策、そして市民
著者 藪野祐三
判型 四六判
頁数 164頁
発行年月 2009年1月
定価 本体2,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03184-6
ジャンル 政治学
本の説明 「政権交代」だけが現代日本政治を分析するキーワードか。小泉政権の「画期」の詳解から、「利益の政治」から「負担の政治」へと変わる新しいパラダイムを提示する。政治を超える自立した市民の生活空間の創造を説いた、市民のための政治入門書。

  
目次 はじめに


■T■ 政局、政策、そして市民

第1章 画期としての小泉政権
     ―「構造改革」にみる政策の文脈と収斂
  1.小泉政権の「発想」と「文脈」
  2.国家から市場へ―民営化の流れ
  3.中央から地方へ―分権化の方途
  4.小泉政権の課題

第2章 「政局の政治」から「政策の政治」へ
         ―小泉政権以後の政治的構図
  1.小泉政権以後の時代
  2.「政局の政治」と「政策の政治」の位相
  3.「正統性」から「公共性」へ
  4.小泉政権以後の政治的構図

第3章 失われた政治―変質する社会的共通資本
  1.二つの社会的共通資本
  2.成長期における社会的共通資本
  3.成熟期における社会的共通資本
  4.失われた政治


■U■ 風景としての政治

【2008年4月】政治の日切れ/法は未完です 他
【5月】言葉には魂があります/トップは現場を
   ご存知ですか 他
【6月】大学とは何なのでしょうか/雇用は社会
   の資産です 他
【7月】英会話はできなくて当然です/社会の階
   段を踏み外さないで下さい 他
【8月】消費者庁は内閣に賞味期限の明記を求め
   て下さい/北京オリンピックは分岐点に立
   ちました 他
【9月】小説、中説、そして大説/街には音楽が
   あふれています 他
【10月】「食事」と「国会」/学長には「気迫」があり
   ました 他
【11月】もうひとつの「貧しさ」/常識は共有され
   ていますか 他
【12月】静寂の文化/20年ぶりのタンさんとリン
   さん 他
【2009年1月】詩と真実/対話のスキル 他
【2月】ユニバーサル教育の時代/飲酒運転は免
   許停止です 他
【3月】選挙は政治空白ではありません/国会議
   員の仕事は一つだけです 他

参考文献

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索