書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 企業システム・企業法制の変化と労働法
シリーズ 日本労働法学会誌113号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 200頁
発行年月 2009年5月
定価 本体2,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03173-0
ジャンル 学会誌
本の説明 《シンポジウム》
企業システム・企業法制の変化と労働法

《報告》
シンポジウムの趣旨と構成……………石田 眞
企業組織・企業法制の変化と解雇法制
     ………………………………本久洋一
 ―親子会社事案を中心に
企業再編と労働……………………有田謙司
物言う株主時代の労働者保護法理……河合 塁
 ―投資ファンド買収の問題を中心に
倒産法制における労働者代表関与の
意義と課題 ……………………………新谷眞人
企業の変化と労働法学の課題…………米津孝司
 ―保護法益論を中心に

《コメント》
商法・会社法学からのコメント………上村達男

《シンポジウムの記録》
企業システム・企業法制の変化と労働法

《回顧と展望》
いわゆる名ばかり管理職の労働時間規制の適用
除外     …………………………高橋賢司
 ―日本マクドナルド事件・東京地判平20・
  1・28労判953号10頁
男女別コース制の下での男女別賃金制度の違法
性      …………………………宮崎由佳
 ―兼松(男女差別)事件・東京高判平20・
  1・31労判959号85頁
年俸制における評価等決定権限と労基法15条
および89条の「趣旨」………………緒方桂子
 ―日本システム開発研究所事件・東京高判平
  20・4・9労判959号6頁
偽装請負・違法派遣における労働契約の帰趨
       …………………………大橋 將
 ―松下プラズマディスプレイ(パスコ)事件
 ・大阪高判平20・4・25労判960号5頁

日本学術会議報告……………………浅倉むつ子
日本労働法学会116回大会記事
日本労働法学会117回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索