• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 教育
  • > 体罰はいかに処分されたか

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 体罰はいかに処分されたか
副題 行政文書における体罰と処分の研究
著者 早崎元彦
判型 A5判
頁数 186頁
発行年月 2009年1月
定価 本体3,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03139-6
ジャンル 教育
本の説明 「体罰」がどのような状況でおこり、問題化され、そして処理されたのか。行政文書の事例分析を通して、教員、生徒、親の間の信頼関係により処分の態様が異なる実態を明らかにする。教員と生徒双方での適正な手続保障の確保を提言。

    
目次  はしがき


はじめに       

第1章 観察の観点と方法

第2章 行政文書による観察の意義

第3章 様  相―事案の概要

第4章 発  動―二重の非違行為と相互作用
 1 二重性の法的意義―活動類型と法益侵害
   をめぐる非違行為の相関
 2 指導の意味―理解義務の履行請求と固有
   性・時間圧力・非対称的関係
 3 懲戒としての有形力の機能―ケース分析

第5章 構  成―非難可能性をめぐる相互作用
 1 伝達の状況
 2 当事者による第一次構成
 3 第二次構成と伝達
 4 相互作用と非難可能性の拡張
第6章 帰  結―非難可能性の確定
 1 信  頼
 2 人権侵害言説
 3 量定判断

第7章 組織保護と適正手続
 1 諸過程の課題と総括
 2 従来の手続論の概観
 3 適正手続きの意義

第8章 手続保障と信頼
 1 児童生徒の手続保障
 2 教員の手続保障
 3 保護者の関わりと信頼
 4 若干の提起

 おわりに



 資  料
〔資料1〕大阪府教員懲戒処分等に係る体罰事
 案の概要(2001〜2005年度)
〔資料2〕児童生徒及び教員の非違行為〈教育
 活動類型〉
〔資料3〕有形力の発動に至る児童生徒の態度
 等と指導の意図
〔資料4〕ケース31 PTAという機能
〔資料5〕人権侵害等への言及(抜粋)


参考文献
URL
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索