書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 生活・女性問題をとらえる視点
著者 伊藤セツ
判型 四六判
頁数 300頁
発行年月 2008年10月
定価 本体3,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03116-7
ジャンル 労働問題
本の説明 約半世紀にわたる著者の研究姿勢と観点、実践の集大成。社会政策・生活科学・ジェンダーの3視点からの研究、政府統計の批判的加工利用と自前の調査による実証的手法は、現今の風潮への問題提起でもある。

目次
         目  次        


はしがき


第1部 生活問題をとらえる―その視点と手法


第1章 世帯・家族・個人―と,階級・ジェンダー
 ■1990年代前半の社会政策学の動向をふりか
  える
 1 家族と社会政策
 2 労働問題研究領域における階級とジェンダー
 3 社会政策の標準論争の周辺
 4 労働力再生産の単位は多様な形態をとる
  世帯

第2章 生活・ジェンダー・社会政策
 ■労働と労働力再生産論の反省と新展開
 1 社会政策学は「再生産」「非市場」の問題も
   包括した
 2 労働問題研究と生活問題視点・ジェンダー
   視点との関係
 3 広義の労働と労働力の再生産論にジェンダー
   の視点を
 4 生活研究のツールとしてのジェンダー統計
 5 ジェンダー視点の可能性と限界

第3章 家族内のジェンダー不平等と平等
 ■生活経営学の視点から 61
 1 「国際家族年」における家族とジェンダー
   再論
 2 家庭内無報酬労働の測定のための各種生
   活時間調査の試み
 3 家庭経済ジェンダー統計をめぐる諸問題
 4 家族とジェンダー・エクイティへ―「国際高齢者年」
   (1999)への流れで

第4章 ジェンダー統計視点にたつ
 ■研究動向
 1 ジェンダー統計への注目
 2 社会政策学会とジェンダー課題と経済統計学
 3 2000年代のジェンダー統計研究の動向
 4 政府統計の一ユーザーとしての政府統計に望
   むこと

第5章 社会福祉・社会政策・生活科学の学際性
 1 3つの領域の内容的関連
 2 社会政策学・社会福祉学・生活経営学の接点   と異同の基本的確認
 3 社会政策学会はどのようにして100年の
   節目を通過したか6
 4 50周年通過点での日本社会福祉学会への
   問題提起
 5 生活経営学部会はどのようにして30年を
   通過したか


第2部 女性問題をとらえる―思想・運動・労働


第6章 女性解放思想と現代フェミニズム
 1 女性解放思想とフェミニズム
 2 現代フェミニズムの思想的背景と流れ
 3 労働運動とフェミニズムの幸福な結婚のために
 4 フェミニズムの階級性

第7章 女性文化概念の多義性
 1 「女性文化」概念の概観
 2 昭和期以降の日本における「女性文化」の
   使われ方
 3 欧米における「女性文化」概念―第二波
   フェミニズムの「女性文化」論的解釈
 4 現代フェミニズムの行方と「女性文化」

第8章 21世紀への女性運動の課題から北京会
    議をふりかえる
 1 先頭に立つ国連の女性運動
 2 国際的女性運動の変遷と北京女性会議
 3 4回の国連女性会議と北京会議の特徴
 4 「グローバル・フェミニズム」と21世紀の課題

第9章 戦後60年の日本の女性運動の思想を
    問う
 1 2つの方向から考える
 2 かえりみれば2005年から1945年
 3 わたしの女性運動の出発点からたどる
   戦後女性運動
 4 「第二波フェミニズム」と国連の女性政策と

第10章 貧困の撲滅とディーセントワークをめざす世界
    の女性労働
 1 世界の貧困
 2 世界の女性労働に関する国連の21世紀
   冒頭戦略・国際的約束と目標
 3 世界の女性労働の概観―「非農業部門の
   賃金雇用における女性の割合」に注目して
 4 世界の女性労働の「いま」を読むツール
 5 日本の女性労働,そして男性労働のいま

文  献

おわりに:両性のワーク・ライフ・バランスを求めて
―社会政策・生活科学・ジェンダー論の共同作業


事項索引

 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索