書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 社会保障法のプロブレマティーク
副題 対立軸と展望
著者 大曽根寛金川めぐみ森田慎二郎
判型 A5判
頁数 270頁
発行年月 2008年9月
定価 本体7,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03115-0
ジャンル 社会保障法 記念論集・個人全集・講座
本の説明 久塚純一先生還暦記念論文集
社会保障法における対立軸を共通のテーマに、「法的枠組み」「社会保険」「福祉サービス」の3つの領域の主要な争点を明示した問題提起の書。社会保障の基本原則を踏まえ、制度理念や政策意図の変貌を歴史的、構造的に分析。

  
目次          目  次       


まえがき


 第T部 社会保障の枠組みをめぐる対立軸


1 社会保障の理念と実態
■小泉政権期における社会保障実態の崩壊過程
                大曽根 寛
  1 本稿の問題意識
  2 本稿の目的,分析の方法
  3 小泉政権の段階区分
  4 社会保障実態の崩落―人々が社会保障か
ら脱落してゆく  
  5 まとめ  

2 社会福祉立法の基本理念
■「権利としての自立」か「義務としての自立」か
                品田 充儀
  1 はじめに
  2 社会福祉立法の目的概念の変容
  3 「自立」強調の背景  
  4 「自立」義務と「自立」支援の意味
  5 「自立」支援とは何をすることか
  6 おわりに  

3 ライフステージにおける社会保障法
■自己決定と第三者支援のはざま
                古橋エツ子
  1 はじめに
  2 ライフステージと社会保障法の課題
  3 自己決定に関する第三者による支援
  ―児童虐待の課題を中心に  
  4 自己決定と家族関係の課題―高齢者介護
  を中心に  
  5 おわりに

4 社会保障の役割の再検討
■先進国・工業化諸国と発展途上国における社
 会保障の異同から       山田  晋
  1 はじめに―“Social Security for All”
  はいかに達成されるべきか
  2 社会保障制度の展開
  3 途上国の社会保障改革

5 国家制度間における「配偶者」規定
■生活実態と法規定のゆらぎから
                本沢巳代子
  1 はじめに
  2 遺族年金と近親婚内縁「配偶者」
  3 遺族年金と重婚的内縁「配偶者」
  4 おわりに


   第U部 社会保険をめぐる対立軸   


6 国民年金法における「被保険者」
■社会保険における『任意』と『強制』を軸に
 して             畑中 祥子
  1 本稿の目的
  2 社会保険における「被保険者」
  3 国民年金法における「被保険者」像の変遷
  4 国民年金における「被保険者」

7 「公・私」の軸における終身年金の位置づけ
■個人年金保険との関係を中心に
                長沼建一郎
  1 問題の所在
  2 個人年金保険の商品性
  3 社会保障における終身年金の位置づけ
  4 いわゆる公私分担論との関係
  5 まとめに代えて

8 退職所得保障における企業自治と国の関与
■三菱長崎造船所の諸規程の変遷と社会保障立
 法との交錯を題材として    森田慎二郎
  1 はじめに
  2 三菱長崎造船所における退職手当制度の
  形成
  3 社会保障立法の進展と退職手当制度との
  交錯
  4 考  察  

9 戦後沖縄の医療保障制度の変遷から見えて
 くること
■医療の現物給付制度と償還払い制度について
 の再考            春田吉備彦
  1 はじめに  
  2 米国統治下の沖縄医療保障制度の展開
  3 現物給付方式による生活保護法上の医療
  扶助について 
  4 復帰後の沖縄の国民健康保険法適用と国
  民健康保険法上の「償還払い方式」について
  5 むすびに代えて

10 介護保険法における保険者自治と国の関与
■保険料の減免・助成制度に焦点をあてて
                小西 啓文
  1 はじめに
  2 介護保険料の賦課方法
  3 低所得者に対する保険料対策と保険者の
  自治―「自律」と「依存」の関係
  4 多摩地域における保険者の介護保険料減
  免・助成制度の実際
  5 「保険者自治」と「国による関与」
  6 むすびに代えて


  第V部 福祉サービスをめぐる対立軸  


11 社会保障における排除と包摂
■ホームレス自立支援施策からみるその過程
                金川めぐみ
  1 はじめに―排除は、「私」のせいか
  2 「福祉システムからの排除」としての
  ホームレス問題
  3 ホームレス自立支援施策における「排除
  と包摂」
  4 おわりに―社会保障における「排除と包
  摂」のゆくえ

12 措置入院制度の変容
■社会防衛と医療保障      永井 順子
  1 序―本稿の目的  
  2 1950年精神衛生法の成立と措置入院制度
  の創設
  3 社会防衛目的への批判の萌芽と1970年代
  からの措置率の減少  
  4 精神保健法の成立から精神保健福祉法へ

13 生活保護における強制と自立
■補足性原理の再検討      山田 省三
  1 問題の所在
  2 補足性の原理の再検討
  3 イギリス法における補足性の原理
  4 生活保護法における強制と自立

結 社会保障法的議論として再構成する
■いかなる枠組みで捉え表現するのか
                久塚 純一
  1 はじめに
  2 「社会保障法」的議論の必要性とそれを
  可能とする場の設定
  3 「社会保障関係の新しい法律」を手掛か
  りとして再構成する
  4 「社会保障関係の法律の改正」を手掛か
  りとして再構成する
  5 社会保障関係の裁判例を手掛かりとして
  再構成する
  6 議論のありようを手掛かりとして再構成
  する
  7 むすびに


あとがき

 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索