• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 環境問題
  • > 地球温暖化対策の最前線

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 地球温暖化対策の最前線
副題 市民・ビジネス・行政のパートナーシップ
著者 遠州尋美渡邉正英編著
判型 A5判
頁数 230頁
発行年月 2007年11月
定価 本体2,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03057-3
ジャンル 環境問題
本の説明 再生可能エネルギーの普及と新しい省エネ技術の活用などを中心に、市民、行政、ビジネスの立場での取り組みを紹介。温室効果ガス削減マイナス6%も危ぶまれ、待ったなしの状況にある地球温暖化防止の展望をさぐる。

  
目次 序 章 再生可能エネルギーのすすめ

第1部 省エネルギー 温暖化防止の生命線
 第1章 これだけ減らせる
     家庭でできる温暖化対策
 第2章 キーワードはパッシブソーラー
     OMソーラーの家づくり
 第3章 建築物の環境性能評価 CASBEE大阪
 第4章 温暖化対策と自治体交通政策

第2部 新エネルギー
     大規模集中型から小規模分散型に
 第5章 広がる!市民共同発電所
 第6章 温暖化防止と地域活性化の両立
     地域通貨を活用する野洲の経験
 第7章 コージェネレーション
     電気と熱を同時に

第3部 循環型社会をパートナーシップで
 第8章 Hello! 菜の花プロジェクト
     資源循環をみんなの手で
 第9章 循環社会を築く市民・行政の
     パートナーシップ
 終 章 地球温暖化対策の展望
     社会的ジレンマの観点から
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索