書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 新時代の国際関係論
副題 グローバル化のなかの「場」と「主体」
著者 高田和夫
判型 A5判
頁数 286頁
発行年月 2007年9月
定価 本体2,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03037-5
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 21世紀に入って混迷の度を深める国際関係論。その歴史と理論をふり返りながら、国家中心の国際関係が揺れ動くさまを、情報化や地域主義、国際機構の動きなどから具体的に分析する。
目次 はしがき
T 国際関係論への招待
   −国際関係の歴史と理論
第1章 国際社会の秩序−歴史と現在
第2章 国際関係の理論

U 国際関係の新しい環境
   −国家をめぐる遠心力と求心力
第3章 国際社会のグローバル化
第4章 国境を越える人の移動
第5章 エスニシティと国際関係
第6章 情報化と国際社会
     −東アジアにおける情報グローバリゼ
      ーションの進展とそのジレンマ

V 国際関係の多様なアクター
   −国家を相対化する行為主体
第7章 国際機構の新しい役割
     −民族・地域紛争への国連の対応を中心に
第8章 地域主義と国際関係論
     −グローバル化における地域の生成と再編
第9章 国際関係におけるローカリズム
     −国境地域による新「外交」の胎動
第10章グローバル市民社会の登場

 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索