書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 命の終わり
副題 死と向き合う7つの視点
著者 大町公
判型 四六判
頁数 190頁
発行年月 2007年7月
定価 本体1,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03035-1
ジャンル 哲学・倫理学
本の説明 死は誰にでも必ず訪れる。自分の死をどう迎えるか、また身近な人の死をどう受け容れるか、「死への準備教育」を実践する著者が、実例を紹介し、読者に問いかける。死と向き合うことはいま(生)を見つめることでもある。

  
目次 まえがき
1 『楢山節考』を考える いつ、どこで、どのように死ぬのか
 はじめに
 一 人生永遠の書『楢山節考』
 ニ 最期の日々をどこで過ごすか
 三 「死に時」はあるのか
 おわりに
2 散りぬべき時 安楽に死ぬ
 はじめに
 一 「大往生の極意」
 二 黄葉が落ちるように
 三 安楽に死にたい
   「安楽死」(1)/ 「安楽死」を阻むもの−医者・病院
   「安楽死」(2)
 四 自殺は悪ではない
   「私の生活」の終わり/自殺/「安楽死」の合法化
   「市民的自由としての生死の選択」
 おわりに――いかに死ぬか
3 柏木哲夫 「受容の死」とは何か
 はじめに
 一 柏木哲夫という人
   「庶民の死」/ 〈柏木語〉/ 略歴―ある患者との出会いを中心に
 ニ ホスピスの〈生と死〉
   ホスピスの誕生/ 「助死婦(医)」/ 強く印象に残っていること二つ
 三 末期患者「四つの必要」
   末期患者の〈痛み〉/ 「精神的痛み」/ 「霊的痛み」
 四 「良き死」・「安らかな死」
   「魂のケア」/ 三つの和解
 五 「死の受容」から「受容の死」へ
   「受容」と「受容能力」/ 「あきらめ」と「受容」/ 「受容の死」
 おわりに――「受容の死」と信仰
4 ターミナルケアを考える 死生観を求めて
 はじめに
 一 日野原重明と柏木哲夫――ターミナルケアの諸問題
   日野原重明/ 柏木哲夫
 ニ ターミナルケアと倫理学者
   倫理学者は何をするのか/ ターミナルケアの哲学(倫理学)
 三 ターミナルケアと死生観
   ターミナルケアにとって最も大切なのは死生観/ 現在は死生観が
   「空洞化」した時代/ 人は宗教なしに生きられるか?
 おわりに――日本人の「あの世」観
5 上田三四二晩年の死生観 時間は回帰する
 はじめに――二度の大病
 一 生涯の転機
 二 西行の花月
 三 ジャンケレヴィッチの『死』
 四 良寛の時空
   良寛の時間/ 「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」/ 良寛の空間
 五 定命をさとる
6 岸本英夫の生死観 死は「別れのとき」
 はじめに
 一 「わが生死観」
 二 「死は実体ではない」
 三 「別れのとき」
   成瀬仁蔵氏・告別講演/ 死への心の準備/ 死の別れの意味
  「宇宙の霊」、「永遠の休息」/ 「うしろ髪をひかれる」
 四 「よく生きる」
 五 「生死観四態」
 あとがき
7 「1000の風」について 亡くなった人は今
 一 「1000の風」
 二 死生観の喪失
   『マルテの手記』
 三 物語ること
引用文献
あとがきにかえて――母の死
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索