書籍紹介

書籍名 ハイブリッド民法1 民法総則
著者 小野秀誠良永和隆山田創一中川敏宏中村肇
判型 A5判
頁数 326頁
発行年月 2007年2月
定価 本体3,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-02998-0
本の説明 第2版が刊行されております
電子書籍版の改訂はしばらくお待ちください

この書籍は品切につき入手できません
目次 序 民法を学ぶにあたって―民法の大系の概観
1 私法の一般法
2 民法の大系
3 民法の各編の概要と関係

第1章 民法の意義と一般的内容
1 民法の法源
2 民法の解釈
3 民法の効力
4 民法上の権利
5 民法の指導原理と効力

第2章 人
1 権利能力
2 意思能力と行為能力(制限行為能力者制度)
3 住所
4 不在者の財産管理
5 失踪宣告

第3章 法人
1 序説
2 法人の種類
3 法人の設立
4 法人の能力
5 一般法人法
6 公益法人法
7 一般法人整備法
8 外国法人
Exam

第4章 物
1 権利の客体
2 動産・不動産
3 主物・従物
4 元物・果実

第5章 法律行為
1 法律行為の意義
2 法律行為の解釈
3 法律行為の限界―強行規定および公序良俗

第6章 意思表示
1 意思表示の意義と構造
2 意思の不存在
3 瑕疵ある意思表示
4 〔補論〕消費者契約法

第7章 代理
1 序説
2 代理の法律関係
3 復代理
4 無権代理
5 表見代理
Exam

第8章 無効と取消し
1 無効・取消しの概念
2 無効
3 取消し

第9章 条件と期限、期間
1 付款の意義
2 条件
3 期限
4 期間

第10章 時効
1 時効制度の意義
2 時効の援用と時効利益の放棄
3 時効の中断と時効の停止
4 取得時効
5 消滅時効
Exam(301)

Hybrid Exam

参考文献案内
凡例索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索