書籍紹介

書籍名 アイヌ民族を考える
著者 上田伝明
判型 四六判
頁数 136頁
発行年月 2007年1月
定価 本体2,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-02993-5
本の説明 明治時代から現在にいたるまで続くアイヌ民族の苦難の歴史を、多数の文献をもとに丹念に検証。アイヌ民族の慎ましい声に耳を傾け、人間としての尊厳の回復と、貧困や無力感からの脱出のために何ができるかをさぐる。



この書籍は品切につき入手できません
目次 はしがき
第一章 アメリカ原住民とアイヌ民族
     ―二つの強制移住をとおして
 T はじめに
     ―なぜ「二つの強制移住」か
 U チェロキ族の強制移住
 V アイヌ民族の強制移住
     ―新冠御料牧場をめぐって
 W おわりに
第二章 アイヌ民族と明治政府
 T はじめに
 U アイヌの人々
 V アイヌ民族の苦難をめぐって
 W 明治政府とアイヌ政策
 X 北海道地券発行条例
 Y おわりに
第三章 アイヌ民族の現状と課題
 T はじめに
 U アイヌ民族の現状
 V アイヌ民族の課題
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索