書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ヨーロッパ契約法原則T・U
著者 オーレ・ランドーヒュー・ビール編・ 潮見佳男中田邦博松岡久和監訳
判型 A5判
頁数 596頁
発行年月 2006年10月
定価 本体11,000円+税
ISBN ISBN4-589-02974-X
ジャンル 民法
本の説明 ヨーロッパ統一契約法制定へ向けて試みられた統一法モデル=「ヨーロッパ統一契約法原則T・U」の条文と注釈の翻訳。日本の契約法を現代的・比較法的な観点から見直すための必須文献のひとつ。
目次 日本語版への序文
序文
ヨーロッパ契約法委員会構成員
序論
第1章から第9章までの概要
ヨーロッパ契約法原則条文
ヨーロッパ契約法原則注解

第1章 総則
 第1節 本原則の適用範囲
  1:101条 本原則の適用
  1:102条 契約の自由
  1:103条 強行規定
  1:104条 合意に関する問題への適用
  1:105条 慣習および慣行
  1:106条 解釈および補充
  1:107条 本原則の類推適用
 第2節 一般的義務
  1:201条 信義誠実および公正取引
  1:202条 協力義務
 第3節 用語法およびその他の規定
  1:301条 定義
  1:302条 合理性
  1:303条 通知
  1:304条 期間の計算
  1:305条 認識および故意の帰責
第2章 契約の成立
 第1節 総則
  2:101条 契約締結のための要件
  2:102条 意思
  2:103条 十分な合意
  2:104条 個別に交渉されなかった条項
  2:105条 完結条項
  2:106条 書面による変更への限定
  2:107条 承諾なしに拘束力を持つ約束
 第2節 申込みと承諾
  2:201条 申込み
  2:202条 申込みの撤回
  2:203条 拒絶
  2:204条 承諾
  2:205条 契約の成立時期
  2:206条 承諾のための期間
  2:207条 遅延した承諾
  2:208条 変更を加えた承諾
  2:209条 抵触する約款
  2:210条 専門家による確認書
  2:211条 申込みと承諾によって締結されるのではない契約
 第3節 交渉についての責任
  2:301条 信義誠実に反する交渉
  2:302条 守秘義務違反
第3章 代理権
 第1節 総則
  3:101条 本章の射程
  3:102条 代理の種類
 第2節 直接代理
  3:201条 明示的代理権、黙示的代理権、表見的代理権
  3:202条 権限に基づき行為する代理人
  3:203条 本人が誰であるかが明らかにされない場合
  3:204条 権限なくまたは権限を越えて行為する代理人
  3:205条 利益相反
  3:206条 復代理
  3:207条 本人による追認
  3:208条 代理権の確認に関する相手方の権利
  3:209条 代理権の存続
 第3節 間接代理
  3:301条 本人の名で行為しない仲介者
  3:302条 仲介者の支払不能または本人に対する重大な不履行
  3:303条 仲介者の支払不能または相手方に対する重大な不履行
  3:304条 通知の必要性
第4章 効力
  4:101条 規律対象から除外される事項
  4:102条 原始的不能
  4:103条 事実または法律に関する根本的な錯誤
  4:104条 伝達における誤り
  4:105条 契約の改訂
  4:106条 不正確な情報
  4:107条 詐欺
  4:108条 強迫
  4:109条 過大な利益取得または不公正なつけ込み
  4:110条 個別に交渉されていない不公正条項
  4:111条 第三者
  4:112条 取消しの通知
  4:113条 期間制限
  4:114条 追認
  4:115条 取消しの効果
  4:116条 一部取消し
  4:117条 損害賠償
  4:118条 救済の排除または制限
  4:119条 不履行に対する救済手段
第5章 解釈
  5:101条 解釈の一般的準則
  5:102条 考慮すべき事情
  5:103条 「作成者に不利に」の準則
  5:104条 交渉された条項の優先
  5:105条 契約全体との関連
  5:106条 条項を有効とする解釈
  5:107条 言語間の齟齬
第6章 内容および効果
  6:101条 契約上の債務を生じさせる言明
  6:102条 黙示的条項
  6:103条 仮装行為
  6:104条 価格の決定
  6:105条 当事者の一方による決定
  6:106条 第三者による決定
  6:107条 依拠していた要素が存在しない場合
  6:108条 履行の質
  6:109条 期間の定めのない契約
  6:110条 第三者のためにする合意
  6:111条 事情の変更
第7章 履行
  7:101条 履行場所
  7:102条 履行期
  7:103条 期限前の履行
  7:104条 履行の順序
  7:105条 選択的履行
  7:106条 第三者による履行
  7:107条 支払の形式
  7:108条 支払通貨
  7:109条 履行の充当
  7:110条 財産が受領されない場合
  7:111条 金銭が受領されない場合
  7:112条 履行の費用
第8章 不履行および救済手段・総則
  8:101条 利用可能な救済手段
  8:102条 救済手段の重畳
  8:103条 重大な不履行
  8:104条 不履行当事者による追完
  8:105条 履行の担保
  8:106条 履行のための付加期間を定める通知
  8:107条 第三者への履行の委託
  8:108条 障害による免責
  8:109条 救済を排除または制限する条項
第9章 不履行に対する救済手段・各則
 第1節 履行請求権
  9:101条 金銭債務
  9:102条 非金銭債務
  9:103条 損害賠償請求権の存続
 第2節 履行の留保
  9:201条 履行留保権
 第3節 契約の解消
  9:301条 契約を解消する権利
  9:302条 分割履行契約
  9:303条 解消の通知
  9:304条 履行期前の不履行
  9:305条 解消の効果・総則
  9:306条 価値の減少した財産の返還
  9:307条 支払済み金銭の返還請求
  9:308条 財産の返還請求
  9:309条 返還不可能な履行の弁償請求
 第4節 代金の減額
  9:401条 代金減額請求権
 第5節 損害賠償および利息
  9:501条 損害賠償請求権
  9:502条 損害賠償の一般的算定基準
  9:503条 予見可能性
  9:504条 被害当事者に帰すべき損害
  9:505条 損害の軽減
  9:506条 代替取引
  9:507条 時価
  9:508条 金銭支払の遅延
  9:509条 不履行に対する支払いが契約で合意されていた場合
  9:510条 損害賠償額算定の通貨

参考文献
国別参考文献
監訳者あとがき
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索