書籍紹介

書籍名 商法総則・商行為法〔第4版〕
著者 蓮井良憲森淳二朗
判型 A5判
頁数 372頁
発行年月 2006年3月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN4-589-02914-6
本の説明 新会社法制定を盛り込んで大幅に改訂した最新版。商法の重要論点、学説と判例の現状を理解するのに格好の教科書。司法試験ほか各種試験の対策に最適。



この書籍は品切につき入手できません
目次 第4版はしがき
はしがき
第一編 序論
 第一章 商法の基本概念
  1 商法の意義
   一 形式的意義における商法
   二 実質的意義における商法
   三 形式的意義における商法と実質的意義における商法との関係
  2 商法の地位
   一 緒説
   二 商法と民法との関係
   三 商法と労働法との関係
   四 商法と経済法との関係
  3 商法の特色
   一 総説
   二 内容上の特色
   三 発展傾向上の特色
  4 商法の歴史と各国商法
   一 総説
   二 商法の歴史
   三 各国商法
   四 日本商法の歴史と構造
 第二章 商法の法源
   一 緒説
   二 商法の法源の種類
   三 商慣習の地位
   四 法規適用の順序
 第三章 商法の適用範囲
   一 事物に関する適用範囲
   二 時に関する適用範囲
   三 人および所に関する適用範囲
第二編 商法総則
 第一章 商人
  1 商人の意義
   一 総説
   二 固有の商人
   三 擬制商人
   四 小商人
  2 商人適格
  3 商人資格の得喪
  4 営業能力
   一 総説
   二 未成年者
   三 成年被後見人
   四 被保佐人
 第二章 営業
   一 総説
   二 営業の自由と制限
   三 営業所
 第三章 商号
  1 意義
  2 商号の選定
   一 商号の選定に関する立法主義
   二 わが商法の立場
  3 商号の数
  4 商号の登記
   一 商号登記の手続
   二 商号登記の効力
  5 商号の仮登記(廃止)
  6 商号権
   一 商号権の意義
   二 商号権の性質
  7 商号の譲渡
   一 商号の譲渡
   二 商号の相続
  8 商号の廃止・変更
  9 名板貸
   一 意義
   二 名板貸人の責任の要件
   三 名板貸人の責任
 第四章 商業帳簿
   一 総説
   二 商業帳簿の意義
   三 商業帳簿に関する義務
   四 会計帳簿
   五 貸借対照表
   六 財産の評価
 第五章 商業使用人
  1 総説
   一 一般的説明
   二 商業使用人の意義
  2 支配人・表見支配人
   一 支配人
   二 表見支配人
  3 その他の商業使用人
   一 部分的包括代理権を有する使用人
   二 店舗の使用人
 第六章 代理商
   一 代理商の意義と機能
   二 代理商の権利義務
   三 代理商関係の終了
 第七章 商業登記
  1 総説
  2 商業登記事項
   一 登記事項の分類
   二 登記事項に関する通則
  3 商業登記の手続
   一 商業登記の申請・管轄
   二 登記官の審査権
   三 登記の更正および抹消
  4 商業登記の公示
  5 商業登記の効力
   一 一般的効力
   二 商業登記の特殊的効力
   三 不実登記の効力
 第八章 営業の譲渡
   一 緒説
   二 営業譲渡の意義
   三 経済的機能
   四 営業譲渡契約
   五 営業譲渡の効果
   六 営業の賃貸借・営業の担保化
第三編 商行為法
 第一章 序章
   一 商行為法の意義
   二 商行為法の特色
   三 企業の取引活動に関する法規制
   四 商行為の意義と種類
   五 一方的商行為・双方的商行為
   六 公法人の商行為
 第二章 普通取引約款
   一 普通取引約款の意義と機能
   二 約款の国家的規制
   三 約款の拘束力
   四 約款の解釈
 第三章 商行為の通則
  1 総説
  2 商行為一般に関する特則
   一 緒説
   二 商行為の代理と委任
   三 契約の申込の効力
   四 多数当事者の債務
   五 法定利率
   六 流質契約の許容
   七 債務の履行
   八 消滅時効
  3 当事者の一方が商人である場合の商行為に関する特則
   一 契約の申込に対する諾否の通知義務
   二 送付品保管義務
   三 商行為の有償性
   四 受託者の注意義務
  4 商人間の商行為に関する特則
   一 金銭消費貸借における法定利息請求権
   二 商人間の留置権
 第四章 有価証券
  1 総説
  2 有価証券の意義と分類
   一 有価証券の概念
   二 有価証券の分類
  3 有価証券の発行
  4 有価証券の譲渡
   一 譲渡方法
   二 善意の譲受人の保護
  5 有価証券の権利行使
   一 債務の履行場所
   二 証券の呈示と受戻
   三 有価証券の喪失に対する救済
 第五章 商事売買
   一 総説
   二 売主による目的物供託および競売
   三 確定期売買の履行遅滞による解除
   四 買主による目的物の検査および通知
   五 買主による目的物の保管および供託
 第六章 交互計算
   一 意義
   二 効力
   三 終了
 第七章 匿名組合
  1 総説
   一 意義
   二 匿名組合契約の性質
   三 経済的意義
  2 匿名組合の効力
   一 内部関係
   二 外部関係
  3 匿名組合の終了
   一 終了原因
   二 終了の効果
 第八章 仲立営業
   一 意義
   二 仲立契約の性質
   三 仲立人の権利・義務
 第九章 問屋営業
   一 問屋の意義
   二 問屋契約の性質
   三 問屋の権利義務
   四 問屋のなす売買の効果
 第一〇章 運送営業
  1 総説
   一 緒説
   二 運送の種類と法規整
  2 物品運送
   一 物品運送契約の締結
   二 荷受人の地位
   三 運送人の義務および責任
   四 運送人の権利
   五 貨物引換証
   六 相次運送
   七 宅配便および引越運送
  3 旅客運送
   一 総説
   二 旅客運送人の責任
   三 旅客運送人の権利
 第一一章 運送取扱営業
   一 運送取扱契約
   二 運送取扱人の義務
   三 運送取扱人の権利
   四 荷受人の地位
   五 相次運送取扱
 第一二章 倉庫営業
  1 総説
   一 緒説
   二 倉庫営業者の意義
   三 倉庫寄託契約の成立
  2 倉庫営業者の義務および権利
   一 倉庫営業者の義務
   二 倉庫営業者の責任
   三 倉庫営業者の権利
  3 倉庫証券
   一 緒説
   二 複券の発行
   三 倉荷証券
   四 荷渡指図書
 第一三章 場屋営業
   一 緒説
   二 場屋の主人の特別責任
 第一四章 特殊商行為
  1 総説
  2 特殊販売
   一 総説
   二 訪問販売
   三 通信販売
   四 電話勧誘販売
   五 連鎖販売取引
   六 特定継続的役務提供
   七 業務提供誘引販売取引
  3 信用販売
   一 総説
   二 割賦販売
   三 ローン提携販売
   四 割賦購入あっせん
  4 国際売買
  5 金融取引
   一 銀行取引
   二 その他の金融取引
主要文献
判例索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索