• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 教育
  • > いじめ現象の再検討

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 いじめ現象の再検討
副題 日常社会規範と集団の視点
著者 竹川郁雄
判型 A5判
頁数 214頁
発行年月 2006年1月
定価 本体2,300円+税
ISBN ISBN4-589-02900-6
ジャンル 社会学 教育
本の説明 いじめはどのようなものなのか。調査データや社会学的思考からその構造をとらえ、いじめの背景的要因となる社会規範と集団の特徴を明らかにする。さらにいじめなど問題を抱えた生徒への支援のあり方も検討する。
目次 まえがき
第T編 いじめを考える
 第1章 いじめ問題のむずかしさ
    はじめに
  1 いじめの背景的要因
  2 いじめ判断における苦痛と正当性
  3 教室などの場面でいじめを確定する際の問題
 第2章 いじめ加害と常識的価値志向
    はじめに
  1 いじめ加害の実態
  2 攻撃性と日本のいじめ加害
  3 いじめを生む優位―劣位関係と常識的価値志向―
    おわりに
 第3章 いじめと児童生徒の集団形成
    はじめに
  1 集団の視点からのいじめ分類
  2 集団全体が関与するいじめ
  3 仲間集団内の隷属的いじめ
    おわりに
 第4章 不登校、摂食障害、集団内いじめと適応過剰
    はじめに
  1 適応過剰による逸脱現象
  2 適応過剰と「日本文化論」
  3 社会規範への同調と逸脱
    おわりに
 第5章 いじめとしつけを人々はどのようにとらえているか
      ―松山市民への調査より―
    はじめに
  1 調査の実施について
  2 一般の人々のいじめに関する意識
  3 他人が子どもを叱ることについて
    おわりに
 第6章 いじめなど問題を抱えた生徒への支援
      ―教育社会学の視点―
    はじめに
  1 問題を抱えた生徒を支援する対象領域
  2 対象領域におけるいじめ問題と支援
  3 不登校問題と「心のノート」に見る支援のあり方
    おわりに
第U部 日常社会規範と集団を考える
 第7章 日常社会規範を考える
    はじめに
  1 社会規範の模範的側面と拘束的側面
  2 社会的場面の日常社会規範
  3 社会規範とサンクション
    おわりに
 第8章 集団内で作られるルールと恥意識を考える
    はじめに
  1 状況適合性ルールの形成
  2 罪と恥の意識
  3 羞恥感情と状況適合性ルール
 第9章 自己愛と集団―準拠集団の視点から―
    はじめに
  1 準拠集団と所属集団
  2 自己愛と誇大自己
  3 準拠集団と誇大自己
  4 誇大自己の有為イメージの縮小といじめ
    おわりに
 第10章 集団分析の視点―補論―
    はじめに
  1 集団の5つの側面
  2 集団状況の変化
  3 集団分析の有効性
初出一覧
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索