書籍紹介

 

書籍の購入は
こちら

書籍名 日本国際経済法学会年報第14号
シリーズ 日本国際経済法学会年報
著者 日本国際経済法学会
判型 A5判
頁数 260頁
発行年月 2005年10月
定価 本体3,500円+税
ISBN ISBN4-589-02880-8
ジャンル 学会誌
本の説明 共通論題=WTOの10年:実績と今後の課題―新分野を中心として(松下満雄、岸井大太郎、山下一仁、高橋岩和)、WTO紛争解決手続きの理論的課題(川島富士雄、川瀬剛志)、国際統一法と国際私法(高桑昭、櫻田嘉章、多喜寛)、自由論題ほか
目次 WTOの10年:実績と今後の課題――新分野を中心として
 WTOの10年――実績と今後の課題――/松下満雄
 サービス貿易協定(GATS)の評価と課題/岸井大太郎 
   ――内国民待遇と「必要性」テストを中心に――
 WTO農業協定の問題点とDDA交渉の現状・展望/山下一仁
   ――ウルグァイ・ラウンド交渉参加者の視点――
 繊維・繊維製品協定(ATC)の果たした役割と評価1/高橋岩和
WTO紛争解決手続きの理論的課題
 WTO紛争解決手続きにおける司法化の諸相/川島富士雄
   ――DSU運用の10年を振り返って――
 ドーハ・ラウンドにおけるWTO紛争解決了解の「改善と明確化」
   ――より一層の司法化の是非をめぐって――/川瀬剛志
国際統一法と国際私法
 統一私法とその適用/高桑 昭
 国際私法から見た統一法/櫻田嘉章
 国際私法と統一法条約の関係について/多喜 寛
自由論題
 古典的国際経済法理論の形成/豊田哲也
   ――通商規制の国際法の起源と展開に関する一考察――
  文献紹介
  会報
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索