• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 環境問題
  • > 地球温暖化防止の課題と展望

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 地球温暖化防止の課題と展望
著者 田中則夫増田啓子
判型 A5判
頁数 330頁
発行年月 2005年5月
定価 本体5,200円+税
ISBN ISBN4-589-02848-4
ジャンル 環境問題
本の説明 気候変動枠組条約の京都議定書が発効し、温室効果ガス抑制に向け本格的に動き出した今日、地球温暖化防止のための基本視座・制度設計面・社会経済面など様々な角度から共同研究した、問題の理論的視点を与える書。
目次 はしがき
第1章 地球温暖化防止問題に対する基本的視座
 1 国際環境法と地球温暖化防止制度/田中則夫
  はじめに
  T−国際環境法における地球環境保護の課題
   1 出発点としての人間環境宣言
   2 地球環境保護の関する国際条約の整備
   3 リオ宣言からヨハネスブルグ宣言へ
  U−地球温暖化防止制度の設立
   1 機構変動枠組条約
   2 京都議定書
   3 京都議定書の実施に向けて
  おわりに
 2 環境問題と正義/碓井敏正
  はじめに−本稿のねらい
  T−地球環境に対する責任をどう解釈するか
   1 動物の権利
   2 未来世代への責任
   3 共同体と責任
   4 共同体と個人の利害
   5 環境権の可能性
   6 未来世代への責任再論
  U−環境的正義の本来の領分
   1 社会正義の一環としての環境的正義
   2 地球温暖化と配分適正義
 3 気候変動枠組みにおける途上国の参加問題―中国を事例として―/周 緯生
  はじめに
  T−地球温暖化問題の基本構図
  U−なぜ中国か−中国の経済成長と環境負荷
    1 中国の経済成長と今後の見通し
    2 中国のエネルギー消費量と今後の見通し
    3 中国のエネルギー消費からの環境負荷
  V−気候変動枠組みにおける途上国の参加問題
    1 途上国参加問題の特徴
    2 途上国参加問題の基本課題
  W−中国参加のタイムテーブル
    1 気候変動枠組みにおける参加形態
    2 中国参加のタイムテーブル
  X−途上国の参加問題とCDM(Clean Development Mechanism)
    1 資金メカニズム
    2 技術移転の促進策
    3 CDMプロジェクトの選定
  おわりに
第2章 地球温暖化防止に関する国際制度的諸問題
 1 2013年以降の地球温暖化防止のための国際制度設計とその課題−国際法学の視角から/村ゆかり
  はじめに
  T−地球温暖化問題のしくみと構造
    1 地球温暖化の原因と影響
    2 地球温暖化問題の構造と特質
  U−国連気候変動枠組条約と京都議定書の構造と評価
    1 国連気候変動枠組条約と京都議定書の構造
    2 問題の構造と特質に照らした2つの条約の評価
  V−温暖化防止のための国際制度に関する諸提案の分析
    1 国際制度設計を巡る状況と背景
    2 国際制度に関する諸提案の概要
    3 諸提案の評価と将来の国際制度を規定しうる諸要因
    4 将来の国際制度に含まれるべき要素とアプローチ
  むすびにかえて−温暖化防止の国際制度設計と国際法学の課題
 2 気候変動資金メカニズムの課題―発展途上国における緩和と適応に向けて/船尾章子
  はじめに
  T−気候変動分野における発展途上国支援の制度的基盤
   1 気候変動枠組条約の基本的規定
   2 京都議定書による基本的規定の進展
   3 地球環境ファシリティの基本構造
  U−気候変動資金メカニズムの運用と発展
   1 締約国会議と地球環境ファシリティの相互関係
   2 締約国会議の決定による資金メカニズムの発展
  むすびにかえて
 3 長期気候目標をめぐる国際合意とその代替策/田中雄三
  はじめに
  T−長期気候目標とその設定形態
  U−ブッシュ政権の気候変動政策
  V−長期気候目標をめぐる国際的合意への代替策
第3章 地球温暖化防止に関する社会経済的諸問題
 1 地球温暖化の社会的費用と衡平性/羅 星仁・林 宰司
  はじめに
  T−地球温暖化による社会的費用
   1 損害費用
   2 適応費用
   3 緩和費用
   4 損害費用、適応費用、緩和費用の相互関係
  U−社会的費用と衡平性
  むすびにかえて
 2 環境政策決定における圧力団体の影響分析―日米英3カ国の温暖化対策を例として/李 態妍・GUSTAVO BARDAS
  はじめに
  T−温暖化政策をめぐる動向
   1 京都議定書批准の現況
   2 日米英の温暖化対策の動向
  U−温暖化対策への温度差の背景
   1 経済的背景
   2 政治的・文化的背景1−意識の違い
   3 政治的・文化的背景2−情報や政策決定へのアクセス
   4 背景のまとめ
  V−環境政策決定における圧力団体の影響分析
   1 先行研究
   2 モデル
   3 シミュレーション分析
  おわりに
第4章 地球温暖化防止政策の国際比較
 1 EUにおける地球温暖化防止策/林 宰司・羅 星仁
  はじめに
  T−EUの排出の現状と国際的な位置づけ
  U−欧州気候変動プログラム(European Climate Change Program)
   1 ECCPにおける議論の経緯
   2 ECCPにおける重点分野
   3 今後の政策
  V−EU域内の排出量取引制度
  W−EUにおける再生エネルギー普及政策
   1 再生可能エネルギー政策と目標
   2 風力発電
  X−気候変動に関する自主協定
   1 ドイツ
   2 オランダ
   3 イギリス
   4 デンマーク
  むすびにかえて
 2 地球温暖化対策−CO2排出量の実態と今後の見通し/増田啓子
  はじめに
  T−世界のCO2排出量の実績と見通し
   1 温室効果ガス排出削減に向けた中長期目標
  U−日本の温室効果ガスの排出量の実態
   1 全エネルギー部門の排出量の推移
  V−日本の地球温暖化対策推進大綱の目標、実績および見通し
  W−今後の日本の姿勢
  おわりに
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索