書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 情報と労働法
シリーズ 日本労働法学会誌105号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 216頁
発行年月 2005年5月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN4-589-02845-X
ジャンル 学会誌
本の説明 108回大会シンポジウム(報告:島田陽一、石橋 洋、竹地 潔、砂押以久子、小宮文人)を収録したほか、座談会「法科大学院における労働法教育」(司会:野田進)、回顧と展望4本などを掲載。
目次 <シンポジウム>
情報と労働法

<報 告>
 情報と労働法/島田 陽一
 企業の財産的情報の保護と労働契約/石橋 洋
 労働者による企業への情報アクセス/竹地 潔
   −労働条件の決定・変更に際しての情報アクセスを中心に−
 情報化社会における労働者の個人情報とプライバシー/砂押以久子
 内部告発の法的諸問題/小宮 文人
   −公益通報者保護法に関連させて−

<シンポジウムの記録>
 情報と労働法

<回顧と展望>
 2004年育児介護休業法改正の内容と問題点/内藤 忍
 男女雇用平等の新段階へ/相澤美智子
   −男女雇用機会均等政策研究会報告書−
 産後休業・育児時間取得を理由とした賞与不支給および減額措置の適否/丸山亜子
   −東朋学園事件・最一小判平15・12・4労判862号14頁−
 じん肺訴訟における規制権限不行使と国家賠償責任/新谷眞人
   −筑豊じん肺訴訟・最三小判平16.4.27−

<特別企画>
 座談会・法科大学院における労働法教育

日本学術会議報告/浅倉むつ子
日本労働法学会第108回大会記事
日本労働法学会第109回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索