書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 歴史の壁を超えて
副題 和解と共生の平和学
シリーズ グローバル時代の平和学第3巻
著者 内海愛子山脇啓造
判型 四六判
頁数 324頁
発行年月 2004年7月
定価 本体2,500円+税
ISBN ISBN4-589-02762-3
ジャンル 平和学
本の説明 戦争や植民地支配をめぐる記憶や責任について、いま論争が続いている。またグローバル化の中で、共生社会の形成は緊要の課題となっている。第3巻は、民族と個人の歴史的な対立や悲劇を超えていくための条件を探る。
目次 〈グローバル時代の平和学〉刊行の辞
 刊行に寄せて
序論 歴史と平和―戦争責任から平和責任へ/藤原修
第T部 歴史認識問題をめぐる国際政治的・世界史的文脈
 第1章 戦後日本の対外政策と歴史認識―非極の視座から問い直す/進藤榮一
  1 はじめに
  2 序論―日露戦争をどう見るか
  3 吉田外交再評価について―非極の視座に立つこと
  4 バンドン会議を再考する―いま歴史認識とは何か
  5 朝鮮半島問題をどう見るか―冷戦起源論を再考する
  6 むすびに―未発の可能性を求めて
 第2章 帝国主義と脱植民地化―人種主義と多文化主義/荒井信一
  1 脱植民地化を見る視点―「帝国の二日酔い」
  2 ダーバン会議以降―ひとつの人間家族
  3 人種主義から多文化主義へ―カナダの事例
  4 脱植民地化と「過去の清算」―日本と朝鮮
  5 むすび
第U部 記憶・責任・和解
 第3章 戦争の記憶―植民地をめぐるオランダ展示からわかること/中尾和代
  1 はじめに
  2 「戦争の記憶」の継承とパブリック化
  3 戦争展示における「戦争の記憶」をめぐる戦い
  4 オランダ「戦争の記憶」展示
  5 「戦争展」反対運動の〈草の根?〉的展開
  6 解決に向けて
  7 むすび
 第4章 戦争犯罪―日本は何を裁かれたのか/内海愛子
  1 連合国の危機感
  2 責任は誰にあるのか
  3 議会が「戦争責任」を決議
 第5章 性暴力を裁く―「女性国際戦犯法廷」の意義/大越愛子
  1 はじめに
  2 サバイバーの告発
  3 ジェンダー正義
  4 新たな「民衆法廷」の思想
  5 無答責の論理の解体
  6 さらなる展望へ
 第6章 和解と正義―南アフリカ「真実和解委員会」を超えて/永原陽子
  1 はじめに
  2 南アフリカにおける「移行期の正義」―TRCの成立
  3 TRCは何をしたのか
  4 TRCは何をしなかったのか
  5 結び―TRCからダーバンへ
 第7章 済州四・三事件から見た大量虐殺事件の清算と和解/徐勝
       ―「済州四・三事件真相調査報告書」を手がかりとして
  1 済州四・三事件に対する大統領のおわび
  2 「済州四・三事件真相報告書」
  3 「四・三特別法」の違憲審判をめぐって
  4 犠牲者の選定基準―排除規定をめぐって
  5 四・三事件軍法裁判の不法性と受刑者の権利回復
  6 「報告書」に対する批判、「四・三特別法」の過去清算法としての欠点
  7 結びに代えて―済州四・三事件の被害からの原状回復の論理とダイナミズム
第V部 共生の未来に向けて
 第8章 現代日本における地方自治体の外国人施策/山脇啓造
       ―人権・国際化・多文化共生
  1 はじめに
  2 外国人受け入れの歴史的推移
  3 地方自治体による外国人施策の体系化
  4 今後の課題
 第9章 フランスにおける移民新世代結社と〈新しい市民権〉/浪岡新太郎
       ―リヨン郊外マンゲット地区 新世代ムスリム結社UJMの経験から
  1 問題のありか
  2 ムスリム若者連合
  3 UJMの活動家
  4 UJMのイスラーム、「統合」、「市民」
 第10章 要塞の中の多民族共生/多文化主義/阿部浩己
       ―なぜ「過去」を眼差さなければならないのか
  1 豊かさの暴力
  2 非EUの創出
  3 定住外国人の処遇
  4 過去を眼差すこと
執筆者紹介
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索