書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 学校事故の責任法理
著者 奥野久雄
判型 A5判
頁数 340頁
発行年月 2004年6月
定価 本体7,000円+税
ISBN ISBN4-589-02759-3
ジャンル 民法
本の説明 教育に関しての重大事故が増えるに伴って、それらに対する訴訟も増加してきている。学校側の義務の限界を明らかにすることにより、責任の範囲および基準について考察し、教育活動の安定化をめざす。
目次  はしがき
第一編 学校事故と不法行為責任――日本法――
 第一章 学校事故・スポーツ事故
  1 はじめに
  2 学 説
  3 判 例
  4 むすび
 第二章 学校事故と学校側の賠償責任
  1 はじめに
  2 裁判例の紹介
  3 裁判例の検討
  4 今後の課題
 第三章 学校事故と両親の賠償責任
  1 間題の所在
  2 裁判例の紹介
  3 裁判例の検討
 第四章 責任能力のある未成年者と監督義務者の不法行為責任
  1 問題の所在
  2 学 説
  3 判 例
  4 まとめ
 第五章 いじめに伴う自殺と学校側の賠償責任
  1 はじめに
  2 裁判例の紹介
  3 いじめの意義
  4 因果関係について
  5 学校教師の過失
  6 おわりに
 第六章 学校事故判例研究の一視点
  1 はじめに
  2 問題の設定
  3 学校事故と条文適用の問題
  4 学校事故と学校教育契約
  5 まとめ
 第七章 学校事故の判例研究
  1 休み時間中の生徒間事故と学校側の賠償責任
  2 学校事故と教諭の両親に対する報告義務
  3 居残り自習中の小学生の負傷事故と担任教諭の注意義務
  4 高校生の集団暴行による負傷事故と教諭の注意義務
  5 中学校の柔道部での練習中の事故と顧問教諭の指導上の過失
  6 被害者からのいじめの申告と学校側の賠償責任
  7 担任教諭の体罰と小学生の自殺との間の因果関係
第二編 学校事故と不法行為責任――フランス法――
 第一章 学校事故賠償法史
  1 はじめに
  2 民法典一三八四条四項の成立史
  3 一八九九年七月二〇日法の成立史
  4 一九三七年四月五日法の成立史
  5 むすび
 第二章 学校事故賠償法の動向
  1 はじめに
  2 教師の責任の沿革
  3 教師の責任をめぐる二、三の問題
  4 むすび
 第三章 幼少年者の不法行為責任
  1 はじめに
  2 不法行為法における幼少年者無責の原則の占める位置
  3 幼少年者無責の原則とその修正の試み
  4 むすび
 第四章 未成年者の加害行為と両親の責任
  1 はじめに
  2 フランス不法行為法における両親の責任の構造
  3 両親に対するフォート推定
  4 推定に対する反対証明
  5 むすび
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索