書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ヒロシマと憲法〔第4版〕
著者 水島朝穂編著
判型 A5判
頁数 296頁
発行年月 2003年5月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN4-589-02672-4
ジャンル 憲法
本の説明 世界の〈ヒロシマ〉と一地方都市〈広島〉を憲法学の視角から結びつけ、平和主義と人権を基軸に具体的な問題を取り上げ、日本国憲法の今日的意味を再確認する。第3版刊行(1997年)以降、5年余りの状況変化をふまえ全体を見直した。
目次 はしがき
第T部 「共生」としての平和
 第1章 終わらないヒロシマ
 第2章 「ポスト核時代」を拓くー二一世紀のヒロシマの使命
  1 核兵器を取り巻く国際状況
  2 ICJ核兵器勧告的意見
  3 「ポスト核時代」に向けて
 第3章 「もう一つのヒロシマ」
  1 「もう一つのヒロシマ」(1)ー軍都と毒ガス島
  2 「もう一つのヒロシマ」(2)ー広島周辺の軍事基地群
 第4章 憲法九条の原点と視点
  1 戦争違法化と立憲平和主義
  2 憲法九条をめぐる諸問題
  3 憲法九条関係の裁判
  4 憲法九条と自衛隊(1)ー再軍備からガイドラインまで
  5 憲法九条と自衛隊(2)ー国際政治の道具として
 第5章 日米安全保障条約
  1 平和主義の国の外国軍
  2 日米安全保障条約の歴史
  3 日米安全保障条約の問題点
  4 日米安全保障条約と沖縄
 第6章 新ガイドライン法制の展開ー新ガイドラインから有事法制へ
  1 米軍事戦略と新ガイドライン
  2 新ガイドライン法制(1)ー周辺事態法
  3 新ガイドライン法制(2)ーテロ特描法・自衛隊法改正・PKO法改正
  4 新ガイドライン法制の完成(?)ー武力攻撃事態法案ほか

第U部 「共生」社会を築くために
 第7章 外国人の人権
  1 外国人とは
  2 外国人の入国・再入国
  3 外国人の権利
 第8章 女性と人権
  1 近代憲法と女性差別ー近代家族像の登場
  2 現代憲法と女性抑圧ー近代家族像の普遍化
  3 近代家族像への疑問ー性別役割論の打破
  4 性暴力との闘いー性的特質論の打破'
  5 日本国憲法における女性の権利
  6 男女同一労働同一賃金
  7 児童扶養手当についての裁判
 第9章 子どもと人権
  1 子どもと人権
  2 教育権
 第10章 「日の丸」「君が代」問題とヒロシマ
  1 「日の丸」「君が代」問題とヒロシマー⊥仏島県立世羅高校長事件
  2 日の丸・君が代と国旗・国歌
  3 国旗・国歌法の制定
  4 国旗・国歌法と思想・良心の自由
  5 国旗・国歌と学習指導要領
 第11章 報道の自由と人権
  1 表現の自由の意義
  2 メディアの犯罪報道と報道被害
  3 過剰取材と人権侵害
  4 政治とメデイア
  5 メデイアの報道規制の諸相
 第12章 冤罪と刑事手続の権利
  1 広島の地と冤罪
  2 冤罪とはなにか
  3 死刑囚再審無罪諸事件の検討
  4 犯罪捜査と冤罪を生む要因
  5 冤罪に対する司法の課題
 第13章 人間らしく生活する権利
  1 生存権と公的扶助
  2 働きすぎ社会と過労自殺
  3 雇用リストラとセーフティネット(安全網)
  4 ハンセン病訴訟
 第14章 戦争と人権ー「共生」社会の対極にあるもの
  1 究極の人権侵害としての戦争
  2 緊急事態法制と人権
  3 軍事秘密と人権
  4 軍人(自衛隊員)と人権
  5 平和的生存権
第V部 「共生」社会の姿
 第15章 新しい時代の地方自治
  1 新しい時代の地方自治
  2 「地方自治の本旨」
  3 地方における民主主義
  4 国と地方との権限配分
  5 地方自治の未来と課題
 第16章 開かれた政治をめざしてー主権者・国民と政治
  1 「国民主権」と政治のあり方
  2 選挙制度・政党と「政治改革」
  3 国会・内閣と「主権者国民」
  4 政治の再生と主権者・国民の役割
 第17章 開かれた司法をめざして
  1 国民にとっての裁判・裁判所
  2 法曹人口の不足と裁判を受ける権利
  3 司法権の独立
  4 違憲立法審査制
  5 開かれた司法と司法制度改革
 第18章 象徴天皇制の構造と機能
  1 象徴天皇制の成立
  2 天皇の憲法上の地位と権能
  3 象徴天皇制の行方
資 料(日本国憲法・大日本帝国憲法)
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索