書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働法における労使自治の機能と限界/女性賃金差別の法的救済/労働事件の専門性と労働法教育
シリーズ 日本労働法学会誌100号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 265頁
発行年月 2002年10月
定価 本体3,400円+税
ISBN ISBN4-589-02609-0
ジャンル 学会誌
本の説明 〈巻頭言〉
学会誌100号の刊行にあたって…………毛塚勝利

〈特別講演〉
フーゴ・ジンツハイマー研究余聞………久保敬治

〈シンポジウム@〉
総括 シンポジウムの趣旨と討論………西谷 敏
労働者保護手段の体系的整序のための一考察――
労使自治の機能と立法・司法の介入の正当性
   ………………………………………大内伸哉
労働法における労使自治の機能と限界――
立法・司法の介入の法的正当性………土田道夫

〈シンポジウムA〉
女性賃金差別の法的救済――
総括………………………………………林 弘子
男女賃金差別裁判における理論的課題
   ………………………………………宮地光子
労働基準法第四条の法解釈と法的救済
   ……………………………………神尾真知子

〈シンポジウムB〉
労働事件の専門性と労働法教育――
趣旨と総括……………………中窪裕也・山川隆一
労働法教育の課題と展望………………村中孝史
法科大学院における労働法教育………塚原英治
司法修習教育及び継続教育と労働法…中山慈夫

〈個別報告〉
人事考課に対する法的規整――
アメリカ法からの示唆……………………永由裕美
アメリカにおける雇用差別禁止法理の再考察
   ………………………………………井村真己
フランス労働法制の歴史と理論――
労働法学の再生のための基礎的考察
   ……………………………………水町勇一郎

〈回顧と展望〉
仮眠時間の労働時間性と使用者の時間外・深夜割増賃金支払義務――
大星ビル管理事件最一小判平一四・二・二八労判八二二号五頁……………………………三井正信
パートタイム労働研究会の中間とりまとめ報告
   ………………………………………斉藤善久
有期労働契約・専門業務型裁量労働制に関する告示改正(平成一四年厚生労働省告示二一号・二二号)………………………………………小西康之
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索