書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 逸脱する絵画
副題 20世紀芸術学講義T
著者 宮下誠
判型 A5(変形)判
頁数 392頁
発行年月 2002年5月
定価 本体3,600円+税
ISBN ISBN4-589-02578-7
ジャンル 思想・芸術
本の説明 鮮やかな切り口と軽妙洒脱な語りで20世紀西洋美術の世界をレクチャー。作品の記述=解釈をベースに、縦横無尽な言葉と柔軟な思考で「絵画の運命」に寄りそって物語を紡ぎだす。74冊のコメント付文献案内は圧巻。
目次 謝辞
方法叙説、或いは方法蛇足
       鎌倉から京都へ/『パウル・クレーと20世紀の芸術』/瓢箪から駒/挑
       発/槐より始めよ/挑発・U/花より枝豆/方法蛇足/幽霊を捉えてみ
       れば枯れ尾花/作品が多すぎる/逸脱/表象と言語の架橋不可能性/後
       日談/芸術学について、ちょっと照れますが/本講義録の表記について
第1講義 或いは、極私的文献案内
       「美術史学」というものを知るために/西洋美術史概説/20世紀美術史
       /「美術史」を反省する/おまけ
第2講義 19世紀的美意識の崩壊、或いは端なくも露呈する紳士たちの下半身
       アカデミスムの誘惑/大きいことは良いことか?/後ずさりして「見る」
       ゴジラ/山椒は小粒でピリリと辛い?/クールベの戦略的レアリスム/
       破廉恥な『昼食』/眼差しのエロティシズム/隠される裸体/欲望とし
       ての「見ること」と「脱神話化」
第3講義 所謂印象主義の、戦略的修辞学、或いは「存在」から「現象」へ
       鏡「のような」表面=絵画に於ける完成と未完成の問題/完成の条件/
       割れた鏡のパラドクス/印象主義の「現象論的」世界観/「永遠」の現
       在化から「現在」の永遠化へ/近くから見たときと遠くから見たとき―
       ベラスケス、フェルメールの「印象」/途轍もない「印象」/印象主義
       の「ダブル・スタンダード」/印象派と呼ばれる画家たちの戦略的修辞
       学/印象主義の経済学
第4講義 ゴッホの呪詛
       主観を描く/印象主義と美術史学の「隠微な関係」/「純粋可視性」と
       印象主義の「現象論」/「芸術意欲」とポスト印象派の「精神」/『星
       月夜』は本当にそう見えるのか?/ゴッホの「色眼鏡」/複眼の世界観
       /紫色の向日葵
第5講義 近眼のセザンヌと『アヴィニョン街の娘たち』
       イニシエーションとしての「異語」/カゴメウミヒドラの言語学/危険
       回避システムとしての遠近法/神の遠近法/世界認識システムとしての
       遠近法/プリクラとケイタイ/近眼のセザンヌ/鉤鼻の『娘たち』/
       『娘たち』と賽子キャラメル/ホラーとしての『娘たち』
第6講義 フランツ・マルクとキュビスム、
            或いは「『雪の上に横たわる犬』から『虎』へ」ほか
 『雪の上に横たわる犬』から『虎』へ
   ―フランツ・マルクとキュビスム(1)
       序/『雪の上に横たわる犬』/曲線の系譜/マルクとキュビスム/『虎』
       /「ミュンヒェン新美術家協会」展/直線と曲線の葛藤/結
 『動物の運命』と夜の森
       『跳ねる馬』と分析的キュビスム/夜の森の「修辞学」/ものそのもの
       の「介入」/『瓶、グラス、ヴァイオリン』(1912−13年)/ディメン
       ションの相互牽制と「ことば」化
第7講義 『赤のアトリエ』、或いはルネサンス・バキュームの終焉
       アトリエのコスモロジー/脳髄としてのアトリエ/『赤いアトリエ』
       (1911年)/「画家」の視線/白い、線が、ない/「主不在の額縁」/
       赤い背景/画中画の自己言及性/『赤の食卓』(1908年)/画中画とし
       ての「窓」
第8講義 山の彼方の空遠く、抽象は始まる
       ドイツの飯は「不味い」か?/折々のことば/折々のかたち/「海」の
       彼方の空遠く「抽象」は始まる?
第9講義 抽象とは何か、或いは「『牛』と建築モティーフ」
 『牛』と建築モティーフ
   ―フランツ・マルクの後期作品に関する一試論
       序/『牛』の空間/ドゥロネーの『窓』/マッケと『窓』/クレーと
       『窓』/言い訳としての建築モティーフ/『牛』の構造分析/建築モテ
       ィーフの変遷/具象と抽象の葛藤/結
第10講義 具象の抵抗:或いは「たくらみとしての絵画」
 たくらみとしての絵画
   ―受容美学的観点から見たクレー作品に於ける具象的形象の機能
       序/20世紀絵画の「存在論」/「額縁」は内か外か?/大きさの政治学
       /タイトルの創造性/受容美学と多義性の「空所」/『たくらみ』の解
       釈/「はげまし」としての空所/多義性の仕掛け/結
第11講義 新即物主義、或いは「抽象画家としてのラファエロ」ほか
 「抽象画家」としてのラファエロ
   ―20年代リアリズムに於ける具象的形象を巡る批評環境
       序/新しい自然主義??/表現主義CONTRA自然主義/「抽象画家」
       ラファエロCONTRA「自然主義者」クレー/抽象としてのリアリズ
       ム
 原初的形象へ(Zum Urbildlichen)!
   ―画家パウル・クレーの造形思考に於ける具象的形象の意味
       序/具象と抽象/20年代リアリズムとクレー/「原初的形象へ」/結
第12講義 屈折する保守、或いは「画家パウル・クレーと同時代の音楽」
 音楽評論家としてのパウル・クレー
       ブルックナー/マーラー/シェーンベルク/プフィッツナー/レーガー
 画家パウル・クレーと同時代の音楽
       序/ブゾーニ/ドラマ・ジョコーソ/E.T.A.ホフマンと受容美学/
       多義性/「音楽の単一性」と「新しい古典性」/ヒンデミート/時事オ
       ペラ『今日のニュース』/新即物主義と異化効果/創造原理としての対
       世界的相対化
第13講義 不一致の一致と問テクスト性、或いは「パウル・クレーとシュルレアリスム」
       「銀座の裸/着衣の入浴」の「創造性」
 パウル・クレーとシュルレアリスム
   ―『シュルレアリスム革命』誌第3号に見るイメージ戦略
       パウル・クレーとシュルレアリスム―前史/パウル・クレーとルイ・ア
       ラゴン/『シュルレアリスム革命』誌第3号におけるイメージ戦略/ア
       ルトーとクレー/「ヨーロッパとアジア」/ナヴィルの絵画観/シュル
       レアリスムのイメージ戦略/「不一致の一致」と間テクスト性
第14講義 深刻な遊戯、或いは「マックス・エルンストと受容美学」
 マックス・エルンストと受容美学
       はじめに―エルンスト研究の「現在」/マックス・エルンストとパウル
       ・クレー/エルンストに於ける「現実」の取り込み/エルンストと受容
       美学
第15講義 「ニューヨークシティ・T』と『白地に白』、或いは抽象の展開
       トリプル・スタンダード/『東京方眼圖』と抽象/『ニューヨークシテ
       ィ・T』(1942年)/空間性のテープ/格子/カジミール・マレーヴィ
       チ/『白地に白』(1917−18年)/抽象の蹉跌
第16講義 デュビュッフェ、或いは絵肌の「眼」触り
       「B」氏の鬱屈/『庭で拾った小石の表面』/『無題』という題/ジャ
       ン・デュビュッフェ(1901−85)/『地下室言語X』(1958年)/もの
       としての絵画
第17講義 補講、或いはモダンアートの展開T
       アメリカと亡命者/抽象表現主義/ポロック『五尋の深み』(1947年)
       /ポロックとキュビスム/ロスコ『赤、白、茶』(1957年)/抽象表現
       主義の宗教性/ニューマン/ラインハート/アルバース/抽象表現主義
       の「美」/ポップアート/ラウシェンバーグ/ジョーンズ/リキテンス
       タイン/ウォーホル/ポップアートは『モナリザ』がお好き?/B級ホ
       ラーの真実/フォンタナ/ミニマル・アート/ジャッド、或いは絵画の
       自己崩壊/「とびだす絵本」の完成
第18講義 補講、或いはモダンアートの展開U
       語られるものの「不在」/コンセプチュアル・アート/デュシャン/レ
       ディメイド/『一つの、そして三つの椅子』/コンセプチュアル・アー
       トは「ことばにできない」か?/地球はカンヴァスだ!/デ・マリア/
       スミッソン、或いはコンセプトの自律、或いはクォータースタンダード
       ?/クリスト、或いは包装された記憶、或いは路地裏の空き地/『ドラ
       ム缶の壁―鉄のカーテン』(1962年)/『ラッピングされたジャンヌ=
       クロードの肖像』(1963年)/『シカゴ近代美術館の包装』(1969年)
       /『ランニング・フェンス』(1972−76年)/『「ポン・ヌフ」の包装』
       (1975−85年)/ボイス/キーファー、或いは絵画のリベンジ/『パル
       ジファル』(1973年)/『流出』(1984−86年)/「リリト、紅海を渡
       る』(1991年)
レポート課題
休講、或いはあとがきにかえて
収録図版一覧
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索