書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 地方分権改革
著者 大森彌石川一三夫木佐茂男ほか
判型 四六判
頁数 180頁
発行年月 2000年10月
定価 本体2,500円+税
ISBN ISBN4-589-02460-8
ジャンル 行政・地方自治
本の説明 日本の地方分権と外国との比較、歴史的位置、その評価など、今回の地方分権改革について多面的に、かつ市民の立場から問い直し、21世紀の中央・地方関係を展望する。
目次 はしがき
第一部 地方分権改革とは
 第1章 地方分権改革の位置/大森彌
      ―市町村自治を中心に―
  一 五つの気になる反応
  二 今次分権改革の特色
  三 機関委任事務制度の廃止と新たな事務区分
  四 国の関与と係争処理の仕組み
  五 税財源の改革問題
 第2章 地方分権改革をめぐる二つのなぜ/曽我謙悟
      ―その必要性と実現性―
  一 はじめに―本稿の課題と構成
  二 なぜ分権改革が必要とされたのか?
  三 なぜ分権改革は進んだのか(あるいは進まなかったのか)?
  四 今回の改革で何が変わり何が変わらなかったのか?
  五 おわりに
 第3章 地方分権改革の歴史的位置/石川一二夫
      ―日本近代法史の視点から―
  一 はじめに
  二 民主化と集権化の波動
  三 近代日本の町村自治の実態
  四 地方自治振興運動の展開
  五 地方自治史の分水嶺
  六 中間集団の歴史的役割
  七 おわりに
 第4章 地方分権改革の評価/木佐茂男
      ―比較の視点から―
  一 地方分権改革の日本的スタート台
  二 内発的改革欲求は?―下からだったのか、上からだったのか
  三 制度改革への傾斜
  四 比較分類的にどう位置づけることができるか?
  五 新しい動きのめばえと危惧
 第5章 地方分権改革と市民参加/橋本卓
      ―市町村自治の現場から―
  一 はじめに
  二 分権化への出発
  三 協働のまちづくり―条例の持つ意味とその重要性
  四 市民との新たなる協働の関係を求めて
  五 おわりに
 第6章 地方分権の展望/三成賢次
      ―比較法史の視点から―
  一 はじめに
  ニ 自治の担い手
  三 ドイツとの比較
  四 地方行政の役割
  五 地方分権改革における問題点
  六 おわりに
第二部 討論
地方分権改革文献案内
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索