書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 なぜ核はなくならないのか
副題 核兵器と国際関係
著者 山田浩吉川元
判型 A5判
頁数 256頁
発行年月 2000年10月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN4-589-02455-1
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 その存在が否定されながらも廃絶されないのはなぜか。核を取りまく国際関係のなかにその問題状況をさぐる。T 核抑止と核不拡散体制の現状/U 核抑止を取りまく国際関係/V 核なき国際平和を求めて/W 21世紀の日本の選択

目次  序論 核兵器開発の国際政治
  1 はじめに―やまぬ核拡散の脅威―
  2 核拡散の国際関係構造―過去、現在、未来―
  3 核廃絶への国際政治学アプローチ
第T部 核抑止と核不拡散体制の現状
 第1章 原爆投下の目的
  1 はじめに
  2 ローズヴェルトの遺産
  3 原爆をどのように使うか
  4 対日戦終結の最終段階
  5 おわりに
 第2章 アメリカと冷戦後の核兵器不拡散体制
        ―多国間主義と単独主義の相克―
  1 はじめに
  2 核弾頭の側面
  3 運搬手段問題
  4 おわりに
 第3章 冷戦後の核状況について
        ―核廃絶への期待から核軍拡の危険へ―
  1 はじめに
  2 戦略構想の見直し
  3 「通常兵力による抑止」について
  4 新しい核軍拡の危険性
  5 停滞からの脱却―結びにかえて―
 第4章 日米安保関係と核抑止
  1 はじめに
  2 日本の反核・反戦感情
  3 日本を取り巻く戦略環境
  4 今後の課題
 第5章 イスラエルの核と中東の国際関係
  1 はじめに―イスラエルの核をめぐるさまざまな議論―
  2 イスラエルの核保有国への道
  3 イスラエルの核戦略と米国の対応
  4 中東における戦略環境の変化とイスラエルの核への固執
  5 中東における軍備管理・地域的安全保障とイスラエルの核
第U部 核抑止を取り巻く国際関係―構造と変容―
 第6章 インド・パキスタンの核開発
  1 はじめに
  2 印パ両国の核開発
  3 98年核実験への道
  4 印パ核実験の意味
  5 印パの核能力と国際政治への影響
  6 おわりに
 第7章 ニュージーランドの非核政策と対米同盟
  1 はじめに
  2 非核政策の背景
  3 「ブキャナン事件」とアンザス同盟の「停止」
  4 レーガン政権とグローバルな核抑止
  5 おわりに
 第8章 南アフリカの核廃棄
  1 はじめに
  2 南アの核爆発装置開発
  3 核兵器の廃棄
  4 廃棄を促した要因
  5 核兵器廃棄の決め手
  6 南アから印パを見ると
第V部 核なき国際平和を求めて―手だてと枠組み―
 第9章 軍縮と依頼醸成措置
  1 はじめに―信頼醸成措置の概念―
  2 信頼醸成措置の意義
  3 軍縮と信頼醸成措置
  4 核軍縮の展望と信頼醸成措置
 第10章 援助と制裁―核軍縮とODA外交―
  1 はじめに
  2 援助と制裁
  3 援助という外交政策
  4 ODA大綱の運用と核兵器
  5 制裁の限界
  6 打つべき手は何か
  7 おわりに
 第11章 国際平和の創造と国際安全保障
  1 はじめに
  2 戦争地帯、戦争のない地帯、そして平和地帯
  3 戦争と平和の国際関係の構造要因
  4 戦争と平和の国内政治の構造要因
  5 国際平和に向けての安全保障共同体創造
  6 おわりに
 第12章 NGOと核廃絶
  1 はじめに―NGOの影響力―
  2 核廃絶を目指すNGOのネットワーク
  3 国連との関係
  4 政策決定者に対する圧力
第W部 21世紀の日本の選択
 第13章 日本の非核政策とその課題
  1 はじめに―日本の非核政策とは―
  2 非核三原則の形成過程
  3 非核政策成立の背景
  4 冷戦終結後の課題
  5 おわりに―非核政策は安泰か?―
あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索