書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ロシア体制転換と経済学
副題 文明史における市場化
著者 芦田文夫
判型 A5判
頁数 236頁
発行年月 1999年5月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN4-589-02135-8
ジャンル 経済史・経済体制
本の説明 90年以降のロシアにおける体制転換過程=市場経済化過程について、実証的研究と理論動向を視野に収め体系的に分析。代表的な研究動向を批判的に検討し、新たな経済学的枠組みの構築を試みる。
目次 はしがき
第1章 ロシアにおける体制転換と経済学
 1 体制転換と経済学の主潮流
 2 「ソ連社会主義」論へのアプローチ
 3 「何処から」の体制転換か―「ソ連社会主義」
第2章 「体制内改革」の経済学的論理
 1 「経済改革」と「市場経済化」論
 2 「経済改革」と「人間的要因」論
 3 市場経済化と「社会主義」「資本主義」経済体制
第3章 「体制改革」―「体制転換」をめぐる経済と政治
 1 市場経済への移行の諸バリアント
 2 経済危機と政治危機の連動、そして崩壊
第4章 市場化とマクロ経済政策
 1 IMF主導のマネタリズム的マクロ経済政策
 2 マクロ経済政策についての対照的な評価
 3 マクロ経済政策の展開と理論化
 4 マネタリズム的経済政策の批判とオルターナティヴ
 5 マクロ経済政策をめぐる経済学的課題
第5章 民営化と企業の行動
 1 ロシアにおける民営化過程
 2 制度理論・進化理論にもとづくアプローチ
 3 ロシアにおける制度的改編の現実分析
      ―「交換のルール」と「取引費用」にそくして―
 4 会社統治構造(コーポレート・ガバナンス)の分析
 5 企業の組織と行動をめぐる経済学的課題
第6章 生産の崩壊と産業政策
 1 ロシア「産業政策」の課題提起
 2 ロシア産業の実体的構造の特徴
 3 産業政策をめぐる経済学的課題
第7章 市場経済化と「ロシア的なもの」
 1 ロシアの「社会的・文化的特質」論
 2 「闇経済」問題のロシア的特質
 3 「ロシア的なもの」を生かした市場経済化
第8章 労働と生活、労働者の運動化・組織化
 1 体制転換のなかで、労働と生活は
 2 労働者や国民の運動化・組織化
第9章 体制転換を追跡していく経済学的枠組み
[統計資料]ロシアの基本経済指標(1991-1997)
あとがき
事項索引
人名索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索