書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 仮処分の諸類型
シリーズ 民事保全講座3
著者 中野貞一郎原井龍一郎鈴木正裕
判型 A5判
頁数 580頁
発行年月 1996年12月
定価 本体8,500円+税
ISBN ISBN4-589-01975-2
ジャンル 民事訴訟法
本の説明 実務上、関心の高い仮処分(特殊保全処分も含む)の主要類型をおさえて詳細に考察する。特に、会社関係、労働関係、知的財産権等の仮処分にウエイトをおく。
目次 凡例
相隣関係に関する仮処分/澤井裕・出水順
 T はじめに
 U 民法の相隣関係規定に基づく権利およびその類型
 V 仮処分の申立てと審理・裁判
 W 執行
建築工事に関する仮処分/宮崎公男
 T はじめに
 U 受付
 V 審理
 W 工事の一時中止の要請―審理の場の確保
 X 担保(民保四条)
 Y 裁判
 Z 和解的解決
 [ 仮処分解放金の提供による執行の停止・取消しの可否(民保二五条の新設)
占有権に基づく仮処分/本問義信
 T 占有の訴えの形骸化
 U 占有仮処分の機能
 V 仮処分における占有保護の実体的独自性とその手続的保障
 W 占有権の内容と仮処分命令の内容
 X 本案訴訟と本権(占有すべき権原)訴訟の区別
 Y おわりに
賃借権等に基づく仮処分/平岡建樹
 T はじめに
 U 判例
 V 学説
 W 民事保全法における取扱い
 X 私見
 Y 具体的な問題についての検討
詐害行為取消権に基づく民事保全/飯原一乗
 T はじめに
 U 詐害行為取消権の性質論と民事保全
 V 逸出財産回復請求の態様と民事保全の形態
 W 仮差押えか仮処分かが特に問題となる場合
 X 仮差押解放金に対する権利行使
 Y 仮処分解放金に対する権利行使
動産売買先取特権に関する民事保全/竹下守夫
 T 問題の所在
 U 判例の状況
 V 学説の状況
 W (準)物的債務名義説の擁護
 X 結語
抵当権保全のための仮処分/上北武男
 T はじめに
 U 抵当権に関する登記請求権保全の仮処分
 V 抵当権侵害に対する保全処分
 W おわりに
競売手続停止の仮処分/栗田隆
 T はじめに
 U 競売手続停止の仮処分の運用
 V 仮処分の被保全権利
 W 仮処分の効力
新株発行差止めの仮処分/河合伸一
 T はじめに
 U 申立て
 V 審理から決定まで
 W 決定以後
株式をめぐる仮処分/中島弘雅
 T 株式をめぐる紛争と仮処分
 U 株式の名義書換禁止の仮処分
 V 議決権行使禁止の仮処分
 W おわりに
株主総会をめぐる仮処分/中島弘雅
 T はじめに―株主総会をめぐる仮処分の種類
 U 株主総会開催禁止および決執行停止の仮処分
 V 株主総会決議の効力停止および執行停止の仮処分
 W おわりに
取締役の職務執行停止・代行者選任の仮処分/吉川義春
 T 総説
 U 要件
 V 当事者
 W 本案訴訟
 X 効果
 Y 保全手続
取締役の違法行為差止めの仮処分/吉川義春
 T 総説
 U 要件
 V 当事者
 W 管轄裁判所
 X 仮処分の性質と主文
 Y 仮処分の効果
M&Aをめぐる仮処分/中祖博司
 T はじめに
 U 帳簿等閲覧謄写仮処分
 V 新株発行差止仮処分
 W 合併決議効力停止等および株主総会開催禁止仮処分
 X 決議権行使禁止(停止)の仮処分
 Y 職務執行停止・代行者選任仮処分
解雇をめぐる労働仮処分(地位保全、賃金仮払い)/萩澤清彦
 T 解雇紛争の法構造
 U 解雇仮処分の展開
 V 被保全権利と必要性
 W 民事保全法と解雇仮処分
 X 不服申立手続
 Y 解雇仮処分の執行停止および取消し
配転・出向等をめぐる労働仮処分/中筋一朗
 はじめに
 T 配転・出向等をめぐる紛争形態の変遷
 U 配転・出向等の法的性格
 V 配転・出向等を争う仮処分の被保全権利
 W 配転・出向等を争う仮処分の保全の必要性
労働争議をめぐる労働仮処分/三島卓郎
 T 総論
 U 各論(1)(争議それ自体の禁止を命ずる仮処分)
 V 各論(2)(具体的争議行為の禁止を命ずる仮処分)
特許侵害と仮処分―保全の必要性の検討―/牧野利秋
 T はじめに
 U 特許権侵害差止めの仮処分の性質
 V 保全の必要性に関する裁判例の概観
 W 若干の考察
 X おわりに
工業所有権(特許権等)に奉づく侵害差止仮処分における対象の特定/小松一雄
 T 知的所有権に基づく差止請求の対象の特定の意義と問題点
 U 差止仮処分における対象の特定の審理
 V 仮処分発令後の侵害態様の変更への対処
執筆者紹介
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索