• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 思想・芸術
  • > ドイツ表現主義の世界

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ドイツ表現主義の世界
副題 美術と音楽をめぐって
著者 神林恒道
判型 A5判
頁数 342頁
発行年月 1995年1月
定価 本体3,400円+税
ISBN ISBN4-589-01837-3
ジャンル 思想・芸術
本の説明 「眼に見えないものを眼に見えるようにする」−ドイツ表現主義の歴史と今日的意義を多面的・全体的に考察する。建築、デザイン、映画、舞台も含めた分野ごとにその代表的な作家やグループ、作品をテーマ(30編)にエッセイ風に展開。
目次 まえがき
序 表現主義とは何か
 1 表現主義―その時代と概念
 2 表現主義の精神的背景
T 表現主義の展開
 1 表現主義への助走:世紀転換期の芸術家コロニーから
 2 表現主義の女流画家
 3 芸術家グループ〈ブリュッケ〉
 4 ユートピアを求めて:「ブリュッケ・スタイル」の意味するもの
 5 偉大な孤立者 ノルデ
 6 大地の魂との交流バールラハ
 7 《青騎手》―年刊誌・展覧会―新たなる芸術総合の試み
 8 カンディンスキー―『芸術における精神的なもの』の探究
 9 《芸術―自然―自我:色彩の発見》:チュニジア旅行のクレーとマッケ
 10 《動物の運命》―マルクと黙示録的絵画
 11 世紀転換期の音楽:ツェムリンスキーの《抒情交響曲》
 12 伝統的調性音楽からの「脱世界」:表現主義的無調音楽の世界
 13 《赤いまなざし》、深い精神的危機感に裏打ちされた
    「内的必然性」の親しい交友関係:シェーンベルクとカンディンスキー
 14 月に酔い痴れたピエロは血の幻想を視る:シェーンベルク
 15 回帰的爛熟と発展的飛躍:ベルクとヴェーベルン
 16 個人主義の反乱:〈ドイツ工作連盟〉の芸術家たち
 17 ベルリンの求心力
U 表現主義の変容と終焉
 1 第一次世界大戦と芸術家たち
 2 表現主義の建築「建築とファンタジー」
 3 表現主義の舞台「舞台芸術の復権」
 4 表現主義の映画「歪みと陰影」
 5 バウハウス「ユートピアからの転向」
 6 音構成の論理学/表現主義音楽の終焉:十二音音楽
 7 表現主義の変容と終焉
 8 表現主義とナチズム
V 表現主義の再生―表現主義を超えて
 1 「新しい絵画」の誕生
 2 芸術都市ベルリンの再発見
 3 知と歴史の画家 アンゼルム・キーファー
あとがき
収録図版一覧
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索