書籍紹介

 

書籍の購入は
こちら

書籍名 功利性原理
シリーズ 奈良産業大学法学会研究叢書1
著者 平尾透
判型 A5判
頁数 364頁
発行年月 1992年9月
定価 本体6,000円+税
ISBN ISBN4-589-01676-1
ジャンル 哲学・倫理学
本の説明 主として J・ S・ ミルの功利主義の再解釈に基づき、功利主義に対する不当な非難からそれを救いだすとともに、普遍的な道徳原理、すなわち価値・善の本質または根本原理としての「功利性原理」の探求を試みる。
目次 まえがき
一 J・S・ミルにおける功利性原理と自由原理の同一性
  序言
 第一章  功利性原理の構造
  第一節 二元性
  第二節 道徳の社会性
  第三節 命題構成とその意味
 第二章 自由原理の同一性
 第三章 『功利主義』から『自由論』へ
  第一節 課題
  第二節 方法
  第三節 行為の二分法の問題
二 功利性原理の証明における「合成の誤謬」について
  序言
 第一章 ミルの証明
 第二章 「証明」に対する批判と弁護
  第一節 ブラッドレーとシジウィック
  第二節 いくつかの弁護論について
 第三章 第二原理の基礎づけ
  第一節 再解釈
  第二節 方法論
  第三節 倫理的価値
  第四節 全体と他人
  第五節 一般性
  第六節 心理的快楽主義
三 功利性原理の理論的意義
  序言
 第一章 功利性原理の実践的不完全性
 第二章 ミルの意図
 第三章 普遍妥当性の例証
  第一節 反功利主義的理論
  第二節 反功利主義的事実
 第四章 実践的適用
  結語
四 快楽の質的区別は功利主義と矛盾するか
  序言
 第一章 ミルの質的区別
 第二章 ブラッドレー及びムーアの批判
 第三章 質的区別の再解釈
五 ミル『自由論』における自由の正当化―論理的一貫性に欠けているか―
  序言
 第一章 ミルの議論
 第二章 レヴィ及びリクトマンの批判
  第一節 レヴィ
  第二節 リクトマン
 第三章 検討
六 功利性原理の証明における自然主義的誤謬」について
  序言
 第一章 ミルの証明
 第二章 ムーアの批判
 第三章 「第一原理」の基礎づけ
  第一節 或る種の弁護論について
  第二節 再解釈
  第三節 事実と価値
  第四節 心理的快楽主義
七 倫理的価値の自己目的化
  序言
 第一章 善の自己目的性の観念
 第二章 「禁欲性」について
  第一節 形成のメカニズム
  第二節 若干の事例
 第三章 「内面性」について
 第四章 倫理の手段性
八 倫理的当為性の基礎づけ―個人と社会の規範的関係―
  序言
 第一章 倫理と当為
  第一節 倫理的価値についての消極的観念と積極的観念
  第二節 価値と当為の区別
 第二章 倫理的当為性の基礎づけ
 第三章 「基礎づけ」の帰結
  第一節 非当為的な倫理的価値
  第二節 倫理の命法の「仮言性」
九 言語的事実にみる倫理の功利性
  序言
 第一章 功利性原理における価値及び倫理的価値の概念
 第二章 倫理に関る諸々の語彙について
  第一節 「価値」及び「善」
  第二節 「倫理」及び「道徳」
  第三節 「徳」
 第三章 言語的事実の意義
十 功利性原理と正義―功利性は権利及び平等と相容れないか―
  序言
 第一章 抽象的存在根拠としての功利性原理と正義
  第一節 社会規範の成立
  第二節 権利の起源と根拠
  第三節 平等の起源と根拠
 第二章 具体的判断基準としての功利性原理と正義
  第一節 功利計算と正義の対立について
  第二節 社会規範全体の統一原理
  結語
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索