• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 教育
  • > コメニウスの教育思想

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 コメニウスの教育思想
副題 迷宮から楽園へ
著者 藤田輝夫編著
判型 A5判
頁数 218頁
発行年月 1992年4月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN4-589-01650-8
ジャンル 教育
本の説明 ルソー、ペスタロッチらと並んで近代ヨーロッパ教育学の創始者であるコメニウスの全体像を描きだす。教育論のほかに宗教家・平和活動家・哲学者としての側面も考察。コメニウス小論/発達的教育論/教授理論/思想
目次 編者まえがき
凡例
序 コメニウス(1592-1670)小論―教育近代化の先駆者像―
  1 生涯の素描
  2 主著『大教授学』成立のための社会的・歴史的基盤
T コメニウスの発達的教育論
 1章 幼児教育論
  はじめに
  1 幼児教育思想
  2 幼児教育の目的と内容
  3 『汎教育』における幼児教育論
  4 汎知学と教授学
  おわりに
 2章 初等教育論
  はじめに
  1 工場としての学校
  2 児童期の学校
  3 初等教育の指導上の諸原理
  4 初等教育の展開
  おわりに
 3章 生涯教育論
  はじめに
  1 『汎教育』(生涯教育構想)
  2 生涯教育の学校体系
  3 『汎教育』における各学校階程
  おわりに
U コメニウスの教授理論
 1章 教科書観
  はじめに
  1 『言語の扉』の言語教科書としての可能性
  2 『言語の扉』に対する評価
  3 教科書への関心と汎知学の進展
  4 『言語の扉』から『世界図絵』へ
  おわりに
 2章 視聴覚的表象
  はじめに
  1 『世界図絵』と現代の視聴覚的表象
  2 『世界図絵』にみられる学習領域区分と現代における表象の概念規定
  3 感性的経験から抽象的概念へ
  4 学習活動における分析的教授学としての交互作用
  5 『世界図絵』とその教授学的指導性
  おわりに
 3章 道徳教育
  はじめに
  1 人間の本質と徳
  2 徳の内容
  3 徳の教授方法
  4 乳幼児における道徳教育の追求
V コメニウスの思想
 1章 宗教思想
  はじめに
  1 日本の先行研究への一つの問い
  2 「チェコ兄弟教団」の基盤に立つコメニウス
  3 「慰めの諸書」時代(1621-27)における宗教思想の深まりについて
  4 神の救済手段としての教授学
  5 現世を生きるための教授理論
 2章 平和思想
  1 平和思想の芽生え
  2 『平和の天使』における平和思想
 3章 哲学思想
  はじめに
  1 『言語の扉』から汎知学へ
  2 汎知学の意図
  3 すべての人に
  4 すべてのことを
  5 「言語」の扉と「事物」の扉
  6 『総審議』の構成と課題
  7 人間の心の本質的働き
  8 原型・イデア
  9 生得の行動能力
  10 『汎知学』の八つの世界
 4章 ルネサンスの百科全書思想家とコメニウス
  1 ルネサンス的人間像とヒューマニズムの遺産
  2 カンパネッラの百科全書主義
  3 コメニウスの原理と方法
コメニウス略年表
コメニウスの家系
ヨーロッパにおけるコメニウスが滞在および訪問した都市
チェコスロバキアにおけるコメニウスが滞在および訪問した都市
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索